大阪市住吉区に建つ築70年程の長屋を戸建て賃貸住宅へとリノベーションする計画です。この計画では居住者が特定できない賃貸住宅で競争力を確保するために、事務所や作業場など多用途に使えるフリースペースを設け、住居+1の住まい方ができる住宅としました。また、古い木造家屋の弱点となっている構造の補強も同時に行っており、基礎・柱梁・構造壁を十分量新設しています。
大阪の歴史的文化である長屋を再利用し、現代の社会問題である”空き家対策”と”多様な住まい方”を掛け合わせることで、大阪らしい風土の再生を狙ったプロジェクトです。

所在地:大阪市住吉区

竣工年:2016年

用 途:賃貸住宅